このエントリーをはてなブックマークに追加

乗り物の中から「もしもし」

あなたがバスや電車に乗っていてどうしても電話をかけなければならない急用を思い出したとする。
その場で電話する勇気はあるだろうか?
また同じようにバスや電車に乗っているときに大事な電話がかかってきたらどうするだろうか?
普通の日本人なら答えは決まっている。
「公共の場では電話はしない」だろう。
バスなら降りてから、電車なら出入り口付近に移動して電話することだろう。
公共の乗り物の中で電話することは礼儀がなってないとみなされている。
どうしても仕方がなく電話している人も隅っこで小さくなって小声で遠慮して話している。
それが普通だ。
しかし中国では様子が異なる。
バスの中であっても電車の中であっても着信音を爆音で車内に鳴り響かせて電話に出るし、大声で電話をかけるのだ。
電話に関して周囲に遠慮することはないようだ。
その様子に見なれてくると「なるほど、それでこそ真の携帯電話の意味があるではないか」と妙に納得してしまう。
どこにいてもつながるのが携帯電話のメリットだからだ。
それで日本人の友達から電話がかかってきたときに日本語で出てみた。
誰が電話しようと電話を取ろうと人の電話には全く無関心なのだろうと思っていたが、乗客が一斉に振り返った。
日本語がだめなのかと思い、習いたての中国語で電話に出てみても結果は同じだ。
みんなが振り返って珍しそうに見るのだ。
そんなわけで私日本人は日本人らしく、中国にいても乗り物の中では電話に出ないことにしている。
Copyright (C)2018楽しいよ!中国でもバス旅行.All rights reserved.